トップページ > 「進路新聞」私の進路ストーリー > 第42号(平成31年4月30日発行)俳優・横浜流星さん

前の記事 | 次の記事

第42号(平成31年4月30日発行)俳優・横浜流星さん

2019/05/10

一日一日を大切に! 周りに流されず、自分の道を貫いて!!

俳優 横浜流星さん






































 TBS火曜連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に出演し、その演技が一躍話題となった横浜流星さん。5月10日には主演映画「チア男子!!」の公開が控えるなど、その勢いは止まりません。
 横浜さんを訪ね、これまでの人生をおうかがいすると共に、高校生のみなさんへ応援メッセージをいただきました。


小学6年生の時に原宿でスカウト
中学3年生の時は空手で世界一に

 僕は1996年の9月に横浜市で生まれました。一歳下に弟がいるのですが、弟が大好きで、幼少期はいつも一緒に遊んでいました。
 小学校に入学すると、さまざまな習い事を体験し、その中でも一番楽しかった空手を習い始めました。空手は精神面、肉体面、そして礼儀の面も鍛えられる素晴らしいスポーツで、夢中になって練習していました。
 転機が訪れたのは、小学校6年生の時です。家族と一緒に原宿に初めて行ったのですが、そこで偶然スカウトされました。父が大工の仕事をしていたため、大工にも興味を持っていましたし、空手の影響でK-1選手などの武道家にも憧れを抱いていました。ただ、当時は「テレビに出られるならやってみたい!」という純粋な気持ちが勝り、芸能界に飛び込むことにしました。最初は学習塾のコマーシャルや雑誌のモデルなどの仕事をやらせていただきました。
 中学校に進学後は、芸能活動よりも空手のほうに力を注ぎ、中学3年生の時には空手の世界大会で優勝もしました。そして高校進学後も1年生までは空手を続けていましたが、幸運にも「烈車戦隊トッキュウジャー」に出演する機会をいただきました。撮影は大変なことも多かったですが、それ以上に楽しさのほうが上回りました。当時は大学進学も考えていましたが、「芸能界の仕事はいましかできない」と思い、両親とも相談をして、芸能界一本でやっていく決心をしました。


やんちゃな青年だった高校時代
これからも俳優で頑張っていきたい

 高校時代を振り返ると、仕事との両立ではありましたが、勉強は人並みに頑張っていました。赤点を取ると補習を課されてしまうため、それだけは避けようとしていましたね(笑)。
 また、体育祭や文化祭などの学校行事が大好きで、仕切ったりみんなで盛り上がったりしていました。とにかくやんちゃな生徒で、先生からは同じことで繰り返し怒られた記憶もあります。しかし、最後まで見放さないでいてくれたことがとてもありがたかったです。当時の先生とはいまでも連絡を取り合っていて、「あの時は本当に大変だった。でもいまは仕事を頑張れよ」と、笑って言っていただけるようになれたことが、いまは嬉しく思っています。
 現在は、俳優としてさまざまなドラマや映画に出演させていただいていますが、引き続きいただいた仕事を一つひとつていねいにこなしていきたいと考えています。
 俳優は、作品を通して観ている人たちの人生に影響を与えられる素晴らしい職業だと思っています。また、役ごとにいままで味わったことのない人生を疑似体験できることは、不思議な感覚ですが、とても幸せなことだと感じています。
 僕の座右の銘は「継続は力なり」。何事も続けなければ意味がないと思っていますし、空手をやっていた時も努力を重ねた結果、世界一になることができました。これからもこの座右の銘を胸に刻み、俳優として頑張っていきます。


チアに情熱をささげた青春映画
同じ青春期の高校生たちに観て欲しい
 
5月10日からは映画「チア男子!!」の公開が始まります。僕はW主役の一人・坂東晴希役で出演させていただいています。長年柔道を続けてきた晴希が、親友の一馬と一緒に大学で新しくチアリーディングに挑戦するというストーリーです。
 チアリーディングは空手とは違い、個人ではなくチームスポーツのため、撮影では全員の息を合わせることにとても苦労しました。しかし、約3カ月間徹底的に練習しましたので、素晴らしい映画に仕上がっています。同じ青春期の高校生の方々はぜひ劇場に足を運んでいただければ幸いです。映画を通して挑戦している人たちや悩みを抱えながらも頑張っている人たちの背中を押せればと思っています。


日々の授業を大切に、勉強も頑張って!
やりたいことは全力で取り組もう!!

 高校生のみなさんにお伝えしたいのは、“高校時代の勉強はとても大切”だというこ
と。当時は「勉強なんて……」と思っていましたが、俳優として社会に出てみて「もっと高校時代にしっかりと勉強しておけば良かったな」と、実は少し後悔もあります。だから、高校生のみなさんは日々の授業を大切に、勉強も頑張って欲しいと思います。
 また、友達と一緒に過ごす時間など、貴重な高校時代を一日一日大切に過ごして欲しいということも併せてお伝えします。特に人生は一度きりですし、明日何が起きるかも分かりません。自分がやりたいと思っていることや興味のあることに対しては、躊躇せずに全力で取り組んで欲しいと思います。周りの人たちの行動や意見に流されず、強い意志を持って自分の道を貫いてください。みなさんの未来が素晴らしいものになるよう、陰ながら応援しています。



よこはま・りゅうせい●1996年9月16日生まれ、横浜市出身。中学生時代には極真空手の世界大会で優勝経験もある。小学6年生の時に、家族と初めて行った原宿でスカウトされ、芸能界入り。映画「キセキ ―あの日のソビト―」「虹色デイズ」「愛唄 ―約束のナクヒト―」「L ♥︎ DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」などの話題作に起用され、一躍人気俳優に。TBS火曜連続ドラマ「初めて恋をしたに読む話」では不良高校生・由利匡平役で話題となる。主演映画も続々と公開され、いま最も注目を浴びている俳優の一人。


[news]

前の記事 | 次の記事