進路アドバイザー検定

進路アドバイザー検定

● お問い合わせ

平日(月~金) 9:00~17:00に承ります。

03-5925-1706

● 公式テキスト

『進路アドバイザーのための基礎知識 2020』

進路アドバイザーのための基礎知識 2021年度

● 紹介動画


トピックス

NEW

「第20回 進路アドバイザー検定」の解答を公表しています

「第20回 検定」の解答はこちらからご覧ください。

第20回 検定解答

第21回進路アドバイザー検定受付終了

第21回進路アドバイザー検定は、受付終了しました。

会場受検希望の皆さまには、2月中旬までに受検票を郵送します。
また、在宅受検希望の皆さまには、2月中旬までに、「在宅受検の実施方法について」のご案内を郵送します。本案内は、在宅受検のスケジュールを示したものになっています。

第21回進路アドバイザー検定~横浜会場決定

本検定の横浜会場は、次の所在地となります。

〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町1丁目2 スカーフ会館ビル2F

なお、部屋番号等は、受検者にお知らせします。

第21回進路アドバイザー検定~名古屋会場決定

本検定の名古屋会場は、次の所在地となります。

〒460-0003  愛知県名古屋市中区錦1-4-16 KDX名古屋日銀前ビル 6階
日本会議室 錦店

なお、部屋番号等は、受検者にお知らせします。

「第20回 進路アドバイザー検定」結果概要を公表

「過去の検定結果」のタブからお進みください。第20回の結果概要を公表しています。

【試験解説】検定の6区分の出題意図

進路アドバイザー検定には、六つの区分があります。それぞれねらいがあります。
検定受検対策の際、お役立てください。

A-1 学校に関する基礎知識
 多くの若者が進学する大学、短期大学、専門学校に関する基本情報を中心に出題。個々の学校に関しての情報収集は進学者本人に委ねられると思いますが、学校種全体が社会においてどのように機能しているのかについては、指導者からの情報提供が求められていると考えます。

A-2 入試(選抜)に関する基礎知識
 近年、入試(選抜)は多様化し、受験者の適性に合わせた入試方法をアドバイスする機会が増えています。そこで、基本的な入試方法に関する知識はもちろん、入学者の多い入試形態とその特徴、さらに系統分野ごとの特徴や学部・学科等に関する情報を把握しておくことで、進学指導の幅を広げることが可能になります。

A-3 学費に関する基礎知識
 近年、経済的理由により進学を断念する若者の存在が、各種アンケートで報告されています。また、奨学金の拡充も進んでいます。より早い段階から、若者本人および保護者に対して、進学にかかる費用の概要と奨学金の種類に関わる情報を提供することは、計画的な進学費用の調達に役立ち、進路の可能性を広げることにつながります。

B-1 職業に関する基礎知識
 進路アドバイスでは、進学・就職のいずれにしても、相談者が将来どのような職業あるいは方向をめざしたいのかが重要なポイントです。職業や方向を決めるためには、本人の適性や嗜好、能力、学力などさまざまな要素についての考慮が必要です。また、各種職業や資格についての基礎知識も重要な要素です。アドバイザーはそれらの要素と職業の結びつきを意識しながら、学校・学科選び、職業選びをサポートしていくことになります。

B-2 就職の現状に関する基礎知識
 近年の就職状況、産業の全体像、企業の人材に対する考えを把握することで、就職はもちろん、進学をする若者に対して的確なアドバイスが可能となります。また、初任給や生涯賃金のこと、不安定な雇用がもたらす弊害などの現実を伝えることは、よりよい人生設計への導線となります。

C-1 進路指導・キャリア教育の基礎知識
 年々加速する少子高齢社会やグローバル社会において、若者に期待されている役割は決して軽いものではありません。反面、コミュニケーション能力や職業観の不足などの課題も多く挙げられています。そうした状況の理解とともに、若者の能力や可能性を養成する教育(進路指導やキャリア教育)への意識を高めることは、指導やアドバイスに深みを与えます。

「進路アドバイザーのための基礎知識2021年度」書店販売

「進路アドバイザーのための基礎知識2021年度」は、以下の書店で販売しています。部数が限られますので、ご来店前のお問い合わせがおすすめです。

●ジュンク堂/難波店、三宮店

●くまざわ書店(くまざわACADEMIA)/八王子、津田沼、相模大野、港北、菖蒲、エスパル仙台、ペリエ千葉本店、イーアスつくば

●紀伊國屋書店/札幌本店、オーロラタウン店、仙台店、新潟店、前橋店、さいたま新都心店、浦和パルコ店、川越店、入間丸広店、流山おおたかの森店、横浜店、武蔵小杉店、新宿本店、笹塚店、玉川高島屋店、大手町ビル店、吉祥寺東急店、国分寺店、金沢大和店、富山店、名古屋空港店、プライムツリー赤池店、mozo ワンダーシティ店、梅田本店、グランフロント大阪店、天王寺ミオ店、本町店、京橋店、高槻阪急店、堺北花田店、神戸阪急店、川西店、広島店、ゆめタウン広島店、クレド岡山店、丸亀店、福岡本店、久留米店、佐賀店、アミュプラザおおいた店、熊本はません店、鹿児島店
※検定試験受付期間中は、要項を店頭にて備え付けます。

「進路アドバイザー検定」推薦のお言葉です((株)栄光様)

『常に自らをアップデートし、最新の情報を持つ意識を』

 私がこの「進路アドバイザー検定」を受験したのは、会社から資格取得を奨励されたことがきっかけです。とはいえ、毎年進路指導に携わりながら最新情報を得ていたため、既知の情報の再確認程度の勉強で十分だろうと考えていました。しかし、実際に「進路アドバイザーのための基礎知識」の本を用いて検定の勉強を始めると、まさに目から鱗が落ちるような思いでした。進路指導の現場経験だけでは獲得し得ない情報も多く、非常に参考になりました。この教本の良いところは、様々な機関によって実施されている入試動向に関するデータや意識調査などのアンケート資料が、非常にわかり易く集約されているという点です。
実際の進路指導でも、様々なデータを用いて多角的に話をすることで、より説得力を持たせられるようになったと感じています。また、話を聞いた保護者からも「具体的な数値があり、とても分かりやすかった。」という声をアンケートでいただいております。
 入試改革の渦中にある現在において、進路指導を担う者の責任は大きさを増しています。生徒の伴走者として、常に学び続ける意識を持つことが大切です。そのきっかけの1つとして、この「進路アドバイザー検定」が大きく寄与することは間違いないでしょう。

第16回 進路アドバイザー検定 マスター合格 岩田 佳(㈱栄光)

一般紙で紹介されました

進路アドバイザー検定および「進路アドバイザーのための基礎知識」が新聞で紹介されました。

朝日新聞、十勝毎日新聞です。
実際の紙面は以下からご覧できます。
https://licenseacademy.jp/newsrelease/index

書籍の発送について

ご購入いただいた書籍は、冊数の都合、佐川急便、ヤマト運輸DM便、ゆうパケットのいずれかで発送しています。
なお、ヤマト運輸DM便、ゆうパケットは、ポストに投函されます。

ゆうちょ銀行での送金について(ATM利用方法、時間等)

本検定の受検料および書籍代金は、ゆうちょ銀行の「払込取扱票」を用いた送金をお願いしています。

送金方法は以下の2通りです。
①郵便局の窓口営業時間に、送金を依頼する。
②郵便局内に設置されたATMは、払込取扱票に対応していることが多いようです。本ATMをご利用の場合、窓口が閉まっている時間帯(夜間、土曜日曜等)でも送金できます。

郵便局の探し方、ATM稼働時間、土曜日曜の取り扱いについては、以下のサイトを参考にしてください。


https://map.japanpost.jp/p/search/

本書籍、本検定紹介の動画をアップしました

「進路アドバイザーのための基礎知識」を紹介する動画をアップしました。
本書の活用方法、本書を公式テキストとする進路アドバイザー検定の紹介を行っています。
ぜひご覧ください。

https://youtu.be/385E_VOqs5I>

申込みはこちら