進路アドバイザー検定

進路アドバイザー検定

● お問い合わせ

平日(月~金) 9:00~18:00に承ります。

03-5925-1706

● 公式テキスト

『進路アドバイザーのための基礎知識 2017』

進路アドバイザーのための基礎知識 2017


トピックス

第13回進路アドバイザー検定試験

本日、2月25日、進路アドバイザー検定の試験は予定通り実施します。
また、在宅受検希望者には、本日、問題等を発送します。

第13回会場受検の受検票発送

会場受検の受検票につきましては、2/9(金)に郵送します。
なお、在宅受検につきましては、本HPの「第13回在宅受検の受け付けについて」をご覧ください。

第13回在宅受検の受け付けについて(2)

在宅受検希望の皆さま宛で、メールにて連絡できなかった皆様へ、文書をお送りします。本日発送しました。
また、お申込みの方全員に、メールをお送りしています。
どうぞご確認のほど、よろしくお願いします。

第13回在宅受検の受け付けについて

在宅受検希望の皆さま宛に、2月2日、「在宅受検のプロセス」をメールにてご連絡しました(1/24までの分)。
なお、メールアドレスの登録のない在宅受検希望の皆さま、およびメールが不着になった皆さまには、5日の週に郵送にてご案内をお送りします。
どうぞご確認のほど、よろしくお願いします。

「進路アドバイザー検定」推薦のお言葉をいただきました

 専門学校で入試広報を担当しています。高等学校の進路指導部や、進学相談会などで、高校生に学校の魅力を伝えることが主な仕事です。

 さて、そうした場においては、ただ型通りに学校の特長や強みを紹介するだけでは不十分です。日々変化していく教育現場の状況や雇用情勢といった高校生たちを取り巻く環境について的確に把握しつつ、しっかりとした裏づけに基づいて私たちの学校へ進学するメリットを伝えていかなければなりません。そのために、自分自身の理解が本当に正しいかどうかを客観的に判断し、知識をより深めるために進路アドバイザー検定を受検しました。

 受検勉強を通して、具体的なデータに触れることになりますが、そうした数値を知っているのといないのとでは、説明内容、説得力に大きな差が出てくると考えられます。さらに、受検を通じて進路にかかわる情報すべてを体系的に知るメリットもあります。公式テキスト『進路アドバイザーのための基礎知識』には、進学率や就職率のほか、それぞれの学校種において卒業までにかかる費用の違いなどの統計データが網羅されており、また学校教育に関するトピックスも随所に盛り込まれています。昨今の教育現場の状況全体を把握することができます。

 検定に合格して良かったと感じるのは、高校の先生方と面談するときです。私の名刺には「進路アドバイザー」と記されているのですが、先生方がその肩書きを目にされたとき、信頼のお言葉を頂くことがあります。私たち職員は、高等学校から大事な生徒をお預かりするわけですから、窓口となる私たちが安心感を与えられるかどうかは重要なポイントになってきます。毎日の仕事のなかで受検勉強を続けていくことはなかなか大変ですが、得られるものは必ずあります。若者の進路に携わる皆さん、ぜひ検定にチャレンジしてみてください。

穴吹デザイン専門学校 事務局入学相談課
山田 祐士さん(第10回検定合格)